試写をご覧になった方々からの熱いコメントをご紹介します!

  • 宮本亜門(演出家)

    東日本大震災から6年経った今だからこそ、この映画は心の壁をえぐる。人は思い出を紡ぐ、それがどんなに辛く苦しいことでも。そしてそれが生きるってことなんだ。皆さんの限りない努力と愛情が、色々な大切なこと、教えてくれました。ありがとう。

  • マギー審司(マジシャン)

    風化させない!風化させたくない!という思いとは裏腹に、自分の中でも少しずつ薄れていく震災の記憶を思い出させてくれる作品でした。前向きに生きようとする姿に、勇気とパワーを頂きました。ありがとうございます。

  • C・W ニコル(作家)

    この映画の中の四つの被災地と同じように東松島市も甚大な津波の被害を受けた。その東松島市から依頼され、壊された小学校を高台に移して「森の学校」を作るプロジェクトを進めてきた。5年がかりで、2017年1月にやっと完成し、感無量の思いだ。被災地の人々の心の中に入ることは易しくない。このドキュメンタリーの中で、そういう人々の硬くなった心がほんのいっとき、ほぐれたように見えた。力のあるいい映像だ。

  • 竜田一人(「いちえふ」作者)

    タイトルにふさわしく、悲惨さを強調し過ぎることなく、被災地の再生と希望をテンポの良い編集で見せてくれます。福島に来ることを「来福」と言います。映画をご覧になって東北に行ってみようかと思われた方、是非ご来福下さい!

  • 小林芙蓉(書道家)

    心の復興の様子が、女性監督の優しい視点で、きめ細やかに表現されている。何気なく挿入されている映像にも心配りが感じられ全体が思いやりに満ちていました。決して、風化させてはならない。

  • 坂上明和(『夢は牛のお医者さん』プロデューサー)

    あの日から、どれだけ苦しみ、どれだけ涙を流してきたのだろう。深い悲しみを背負いながらも、必死に生きる人々の姿が胸に迫る。この映画には、日本人が決して忘れてはいけないことが詰まっている。

  • 星野真弓(手刺繍アーティスト)

    涙が止まりませんでした。震災により人は多くのものを失いましたが、得るもの、気付きも多く、震災から学ぶべきことが多いと感じました。真の復興とは何かと深く考えさせていただく映画でした。

  • 外立とし江(画家)

    現実を受け入れて立ち向かう強さ、切ない思い、温かい愛、強い信念、溢れる涙をこらえきれず、心は登場人物と一体となって身体中をかけめぐる。喜怒哀楽を美しい自然と音楽にのせて心地よい構成となっている。多くの方にぜひ鑑賞を。

  • 感動した、という表現では語るのが難しく、映画を観て涙が溢れるという初めての経験をした。日本人の強さ、東北の方々の強さと温かさをスクリーンから感じ取れた。日本人だけでなく外国の方々にも観てもらい、東北の復興は6年たった今も道半ばで続いていることを知って欲しい作品。日本人で良かった!嬉しい!と観終えて再度実感しました。(50代男性・東京都)
  • 静かな感動を体験させていただきました。震災ものの作品は真っ先にその体験や悲しみを共有するものだという先入観がありましたが、この作品は違いました。これは誰かの悲しみに寄り添うだけではなく、人々の小さい幸せや希望に触れることのできるかけがえのない作品だと思いました。明日は明るいとは限らない。それでも歩いていく。雨の日もあるけど、また晴れる日もある。当たり前のことを登場される方々はみんな知っていて、それを優しく我々に思い出させてくれるような映画でした。(島田伊智郎・30代男性・東京都)
  • すごく細やかに映し出されていて洗練されていました。感動です。(富山勝男・60代男性・東京都・TPC代表取締役)
  • 純粋に被災地の今を切りとり、稚拙な演出を一切排除した映像美、音楽の力に見いだされた。非常にナイーブなテーマでありながら、見終わった後に日本の復興の息吹だけが感じられる素敵な81分でした。(40代男性・会社員・東京都)
  • 広告業界では有名な「エビングハウスの忘却曲線」。人間は1日経つと74%を忘れてしまうといいます。風化するのではなく、人は忘れてしまう生き物です。だからこそ、記憶をよみがえらせるために、このようなドキュメンタリーが必要なのだと改めて感じました。(50代男性・埼玉県)
  • 編集がテンポ良く、飽きずに観れました。また、“今”の被災地の様子がよくわかりました。全体的なトーンがやさしく、力強く、私は好きです。映画を観て、6年もたち、日常から震災が忘れられつつありますが、現地では続いているのだと改めて思いました。(40代女性・埼玉県・会社員)
  • 私の知らない多くの事が語られ、6年という月日の中で繰り広げられる忘れることのできない思い出と、忘れたいという気持ちの繰り返し。とんでもない大きな歪が交差して、正解のない世界をさまよう。癒しと鎮魂の映画だ。(60代男性・東京都)
  • 劇中3人のお子さんを失った遠藤伸一さんの言葉が心にグッと重く突き刺さりました。僕自身も子供がいますが、父親としてこんなに苦しく重い十字架は無いと思います。でも、それを背負って生きていかないといけない現実と使命は誰もが心に持っていなければならない、と強く感じました。(40代男性・東京都・WEBデザイナー)
  • あの日から5年が経過した今、逝ってしまった方々の「魂」や「愛」を、今を生きる私たちが懐でちゃんと受け入れて、そして受け継いで、一所懸命に生きていかないといけない!そう深く感じたドキュメンタリー映画でした。(田中壱征・映画監督)
  • 映像から作り手の愛情が伝わるとてもいい映画だった。出演者の表情からいろいろ伝わってきました。(30代男性・東京都)